top of page
  • 執筆者の写真Satoshi Murakami

メニューごと・顧客ごとの売上貢献度分析、支払い手段分析

更新日:2月13日

どのメニューが売れているのか、どの顧客が売上に貢献しているのかを月ごと・年ごとに分析できます。


売上分析を活用することで、以下の効果が期待できます。


  • 売上アップ: 人気メニューの強化、顧客への個別アプローチなど、売上向上のための施策を実行

  • 顧客満足度向上: 顧客ニーズに合わせた商品開発やサービス提供

  • 業務効率化: 売上データに基づいた的確な意思決定




bottom of page